お知らせ

呉服業界の最新情報をお届けいたします。

着物は左前・右前?男女ともに右前(左が上)が正解!

たまに着物を着る機会があるとき(成人式の振袖も同じ)に、着慣れていない方は、「着物の襟は左右どっちが上?」と戸惑う方も多いです。また、着物の襟は「左前(ひだりまえ)」、「右前(みぎまえ)」という表現がありますが、正直分かりにくいです。(実際に着つけをされている先生や、呉服屋さんでも「左前」、「右前」という表現を勘違い・誤解されている方もいらっしゃいます。)

正解は右前、「左が上」の状態です!(要下記写真参照)

正解は、男女ともに「右前」(左の襟を上に着ている状態)です!この状態の事を「右前」と表現します。これは「自分から見て、右の襟が最初にきている」から「右前」と表現します。何度も言いますが、「左の襟が上」の状態です。

着物が比較的好きな方でも、時々、表現を間違えるほどややこしいので、「えりは左が上!」と覚えておきましょう。テレビなどでも時々間違って表現されていますので、あまり細かい事は気にしなくても問題ありません。「左が上!」です。

「右手がスムーズに入るかどうか?」

またわかりやすい確認方法として、「右手が襟にすっと入るかどうか」で確認できます。左のえりが上にきていれば、右手がえりもとにスムーズに入ります。

どちらかというと、女性が間違えやすいです。というのも洋服のシャツと合わせ方が逆になるからです。文化の差です。面白いですね。

左前は「しに装束」

左前は、一般的に、「しに装束」と捉えられており、縁起がいいものではありません。また毎年SNSで有名人の方や、夏祭りで浴衣などを楽しんでいる方などを「着方が間違っている」、「しに装束だ」と悪く言われたり、街角で知らない方から嫌味を言われたりするので、えりは左が上の状態で着て、着物を楽しんで下さい。本当に毎年話題にあがる「着物あるある」問題です。

右前になったのは奈良時代から

「右前」が正装となったのは、8世紀、奈良時代の養老の衣服令からであり、当時、文化の中心地であった中国の「唐」の影響を受けて改められたものです。つまりそれ以前は、右前に着られていたことになります。衣服の着方も、様々な文化や地域の影響を受けます。

スマホで自撮りをすると左右反転します

また、スマホで自撮りをすると、左右が反転するので、「えりが逆」になった状態で映ります。ただし、これも「着物あるある問題」です。毎年毎年、SNSで問題になります。ただ、あまりにもよくある問題なので、「着物あるある問題」と考える人も多く、あまり問題視されていません。ただ、一部の人は、悪く言ったりする場合もありますので、誰かに写真を撮ってもらうか、「反転しています」と一言書いておくと、いちいち嫌な思いをしないで済みます。もし、嫌なことを言われても気にしないようにしましょう。本当によくある「着物あるある」問題です。ただ、SNSで反転した写真をお手本に着物を着ると右前、左前を間違えますので、その点は注意しましょう。

また、成人式の振袖のえりのあわせを間違えるとせっかくの晴れの日に嫌な思いをするので、間違えないように注意してください。

せっかく着物や振袖を楽しむ機会ですので、間違えずに着物を楽しんで頂ければ幸いです。また着物は「着る物」なので、あまり堅苦しく考えず、自由に楽しんで頂ければ幸いです。最近では、着物を自由に楽しむ方も増えています。

その他の記事

着物の種類人気ランキング:色無地、小紋、紬などが人気

浴衣の左前右前はどっち?浴衣も男女とも右前が正解です!

着物業界データ一覧

成人式の振袖かぶらない色は?

きものと宝飾社とは?