お知らせ

呉服業界の最新情報をお届けいたします。

浴衣は左前・右前?男女ともに「右前」が正解です!

普段あまり着ない浴衣や着物。夏になるとお祭りや花火大会も多くなり、夏の風物詩として浴衣を着る方も多いです。ただ、普段あまり着ないものなので、「浴衣や着物のえりは、左前?右前?」と戸惑われる方も多いです。また元々の表現として、「左前」、「右前」という表現も分かりにくく、混同を生じます。男女ともに右前、下記写真の着方が正解です。

浴衣は左前?右前?

◆浴衣も着物も、答えは「右前(みぎまえ)」:左のえりが「上」にきている状態が正解(要写真参照)

「右前」の意味としては、「右のえりが体に密着している状態」です。「自分」から見て、右が前(先)にきている状態。これを「右前(みぎまえ)」と表現します。つまり左のえりが「上」にきている状態です。女性は特に、シャツのボタンと合わせ方が逆になるので、混乱する方が多いようです。何度も言いますが、浴衣も着物も同じで、「左のえりが上にきている状態」が正解です。

ややこしいので、「左前」、「右前」という表現にこだわらずに、「左が上!」と覚えておくと混同せずに済むかと思います。

最も分かりやすい確認方法は「右手が、すっとえりに入る着方」です。また男性も女性も同じで「右前」が正解です。着物や浴衣では、「男女ともに左が上」です。

関連記事:浴衣は左右どっちが上?男女ともに左が上!

◆「左前」は、「しに装束」と考えられている

「左前」は、一般的に「しに装束」と考えられており、あまり縁起のいいものではありません。また「右前」が普通の状態ですので、間違って着てお祭りなどに行くと、時々知らない人から指摘されて恥ずかしい思いをする事があります。

ちなみですが、「右前」が正装となったのは、8世紀、奈良時代の養老の衣服令からであり、中国の唐の影響を受けて、「右前」を正装とすると定められたと言われています。日本文化は中国に大きな影響を受けています。知っておいても損はないかと思います。

鏡越しにスマホで自撮りすると左右が反転する

もう一つ勘違いする要因としてあるのが、鏡越しに自分の浴衣姿や着物姿を撮ると左右のえりが反転する問題です。これも着物姿を撮影し、SNSなどにアップすると、時々言い争いになる「着物あるある」問題です。

ただし、これは小学校の理科で習う「鏡越しに写真をとると左右が反転する」問題です。小学校で習う公知の事実ですので、これに関してはあまりくどくど問題視する必要はありません。ただ、「鏡越しに撮影された左右が反転した写真」をお手本に浴衣や着物を着ると、左右が反転してしまうので、その点は注意しましょう。何度も言いますが、男女ともに、着物も浴衣も「右前」:左のえりが上が正解です。最終確認方法として、右手がすっと入るかどうか確認すると良いと思います。

関連記事:着物警察の対処法

浴衣普段着

浴衣は日本の風物詩であり、いつ着ても問題ありません

また時々、「浴衣は寝間着、ふろ上がりに着るものなので、昼から着るのはよろしくない」という方もいらっしゃいます。ただし、昔は「ゆかたがけ(普段着)でどうぞ」という誘い文句などもあり、普段着、日常着でもあります。最近では、浴衣にもカラフルな色や、お祭り用の普段着としての浴衣もたくさん開発、生産されており、季節や気温に合わせて自由に着ても問題ありません。地域によっては、5月、6月のお祭りから浴衣を解禁にすることが多いです。また9月の花火大会を浴衣で楽しむ地域もあります。

ただ、もちろん冠婚葬祭などのフォーマルな場面に関しては、そうしたドレスコードを確認する必要がございます。結婚式やお葬式など正装が求められる場面には向いていません。

カジュアルな普段着・日常着として、浴衣を楽しむ分には、いつ着ても、朝に着ても昼に着ても問題ありません。浴衣を気軽なカジュアル着、普段着として楽しんで頂ければ幸いです。

関連記事

浴衣はカジュアルな普段着

浴衣の時期とマナー:朝・昼から着ても問題ありません

浴衣のかぶらない色は?浴衣色別調査

その他の記事

着物業界データ一覧

着物業界ランキング掲載:着物年鑑

きものと宝飾社とは?