お知らせ

呉服業界の最新情報をお届けいたします。

浴衣は左右どっちが上?男女ともに左が上です!

夏になると夏祭りや花火大会があります。浴衣や着物を着てお出かけする事もあるかと思いますが、着慣れていない方は、迷う方が多いと思います。「えりはどっちが上なのかな?」と悩む方もおられるかと思います。

浴衣も着物も同じで、答えは男女ともに左が上!です(写真参照)。

最も確実な確認方法は「右手がスムーズに衿(えり)に入れられるかどうか」です。右手が、衿(えり)の中に入れやすい状態が正しい状態です。右手がすっと衿の中に入るか確認してみましょう。男女ともに左が上です!また着物も「左が上」です。

それにしてもなぜこんなに分かりにくいのでしょうか?普段着慣れていないというのが一番大きな原因ですが、様々な理由があります。

<右前という表現>

着物の着方の表現としては、「右前」、「左前」という表現があります。一見すると「右が上なの?」と疑問に感じてしまうかもしれませんが、これは「自分から見た時」の表現です。自分から見て、右側のエリが、自分の体に密着している状態、これを「右前」と表現します。

「左前」(左が自分から見て手前にある状態)で着るというのは縁起が悪いとされています。これはお葬式で、亡くなった方が「しに装束」、「経帷子」などを着る際の着方です。

正しい着方は「右前」。つまり「右側の衿が自分の体の近くにある」状態を指しています。何度も言いますが左が上に着ている状態ですね。

<スマホの自撮りや鏡越しの撮影は左右が逆になってしまう>

最近では、スマホの自撮りやツイッターやインスタグラムの投稿が多いですね。また多くの人がウェブやSNSで情報を取得しています。そういう中で、スマホはとても便利ですが、一つ着物や浴衣を着る際に、人を混乱させてしまう事があります。自撮りや鏡越しで撮影すると左右が反転してしまうからです。つまり左右逆の状態ですね。

これは小学校の理科で習う事なのですが、鏡越しの撮影、自撮りの撮影かどうかは、ぱっとSNSで写真を見た時には分かりにくいですね。こうした逆転現象も、着慣れていない方には気づきにくいかと思います。これは着物によくある問題です。SNSでも、時々人が「正しい」とか「正しくない」などで、よくもめています。ただ、鏡越しに写真を撮影すると左右が反転するという現象は、小学校で学ぶ「公知の事実」です。あまりくどくど言う必要はないと考えられています。

いかがでしたでしょうか。浴衣は日本の夏の風物詩ですが、着慣れていないこともあるので、ごくまれに嫌なことを言われたりして、不快な気分になったりします。

「浴衣は寝間着だから、昼に着るのはけしからん!」という方もたまにおられます。

ただ、一部の重要な儀礼や式典を除いたプライベートでは、何月に来ても、朝・昼に着ても全く問題ありません。ただ、あまりにもだらしない格好で、胸元が大胆にみえたりするような着方は「だらしない」、「清潔でない」感じがするので、綺麗に着られるに越したことはありません。こうした時期や、時間帯に関しての考え方にご興味がある方は、こちらの記事「浴衣の時期とマナー:朝・昼から着ても問題ありません」 をご覧ください。


その他関連記事

浴衣は洗濯機で簡単に洗えます

小千谷縮、綿着物、浴衣の手洗いの仕方

2017年浴衣姿と人気色調査

着物お手入れ講座を取材しました

着物を楽しむ人が増えています