お知らせ

呉服業界の最新情報をお届けいたします。

コロナ禍による成人式・卒業式の中止の対策と課題

コロナ感染者の増加に伴い、成人式の中止や延期を発表する自治体が増えた。少し前になるが、12月4日毎日新聞にて、こうした状況を報じる記事が書かれ、弊社の松尾のコメントを掲載頂いた。

コロナ禍で成人式どうなる?(毎日新聞)

コロナの第三波が生じるまでは、GOTOトラベルやGOTOEatなどの施策もあり、着物業界でも持ち直しの傾向が見られたが、ここ数週間の情勢より、成人式の中止や延期の増加が予想され、厳しい状況が予測される。各地方自治体の方も、様々な工夫や努力をしてくださってはいるが、ウィルスによる問題であるため、いかんともしがたい事でもある。

着物業界の小売店各社も、成人式の延期や中止に対して、対策を打っている所も多く、キャンセル料の説明やその割合について多くの対策が取られている。

◆成人式の代替案の提案を

一部の企業では、成人式が中止になった際の代替策として

1、神社へのお参り(成人式参り)

2、周辺のレジャー施設への招待

3、友人とのパーティー

4、前撮り写真アルバムのボリュームアップ

などをお客様に提案。こうした代替イベントを提案することでお客様に満足いただき、キャンセルせずにサービスを利用頂いている企業もある。また様々な別のイベントを企画提案する企業もある。

あまり考えたくもないが、2021年の成人式だけではなく、卒業式・入学式のイベント、果ては来年の成人式までコロナの流行が続く可能性も検討しておかなくてはなならない。現に、2020年の卒業式では、袴のキャンセルが多く発生しており、返金対応に追われた企業も多かった。卒業式・入学式に出席する親御様の着物レンタルのキャンセルもあった。こうしたキャンセルによる返還は、各事業者にとって大きな問題であり、企業の体力を奪ってしまう。こうした式典やイベントに対して、代替案の準備などは必要になってくるのではないか。

また経営者の中では、キャンセル料の設定ができていても、社員さんに周知させるための書面など、対応策を明記したマニュアルが準備されていない所もある。人によって対応が変わってはならないので、全社が一致した対応が取れるように、書面、マニュアルの準備が必要不可欠となる。

成人式は晴れの日を祝う祝い事であり、七五三のような神様に感謝するイベントにも親和性がある。神社は全国に広く存在し、各企業の近くの神社との提携などで、一生に一度の成人式を迎える方たちの思い出作りをしていく必要は、成人式を祝うお手伝いをさせて頂いている着物業界の事業者にとっては必要ではないだろうか。

その他の記事

成人式参加率:平成30年成人式参加率全国推定平均

きものでお正月2021

コロナによる成人式中止とその課題

着物業界データ一覧

大正アンティーク着物が流行る?鬼滅の刃とアニメの影響